怪物ベンサム : 快楽主義者の予言した社会

土屋恵一郎 著

功利主義者、パノプチコン創案者。近代批判の中で忘却されたベンサム。しかし、この怪物の構想は現代にも生きている。死刑廃止、動物愛護、都市衛生、同性愛擁護、さらにはチューブによる社会通話システム、冷蔵庫…。人間を快感と欲望の中に配置し、自我の解体をも試みた男。一九世紀最大の奇人啓蒙思想家の社会設計図を解読し、その背景を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 愛と欲望の監視建築(パノプチコン・ハーレム
  • 暴露する「父」)
  • 第2部 不条理な世界に抗する(迷子のように
  • 建築についての余録
  • ゴシックの城
  • キューバのパノプチコン)
  • 第3部 「改革」の世紀=一八世紀(貴族の館
  • 様々な分身
  • 一七八一年・夏の終わり
  • 功利主義者の社会イメージ
  • 英語による最初の同性愛擁護論)
  • 第4部 ロシアという経験(ロシアン・コネクション
  • ミタウのアダージョ
  • ロシア到着
  • シベリアからの手紙
  • 宮廷恋愛
  • クリチェフの連続体
  • 経済学と性の言説)
  • 第5部 社会工学技師(イギリスに帰りて
  • 田園生活者のフランス革命
  • いいだしかねて
  • 法建築学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪物ベンサム : 快楽主義者の予言した社会
著作者等 土屋 恵一郎
書名ヨミ カイブツ ベンサム : カイラク シュギシャ ノ ヨゲンシタ シャカイ
書名別名 ベンサムという男

Kaibutsu bensamu
シリーズ名 講談社学術文庫 2092
出版元 講談社
刊行年月 2012.1
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292092-6
NCID BB07909220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22039584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想