反・幸福論

佐伯啓思 著

無縁社会の何が悪いのか。遁世も悪くない。「ポジティブ」がそんなに善いのか。格差是正なんて欺瞞だ-。権利や豊かさや便利さを追求し「幸せになるべき」と刻苦勉励してきたはずの日本人が今、不幸の底に堕ちている。大震災、政権交代、「正義論」ブームなど近年の出来事を稀代の思想家が厳しく見つめた時、偽善の殻に包まれたこの国の正体が露わになる。柔らかい筆致の中に、日本人の禍福の真理が詰まった至高の啓蒙書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サンデル教授「白熱教室」の中の幸せ
  • 第2章 「国の義を守る」という幸福の条件
  • 第3章 「無縁社会」で何が悪い
  • 第4章 「遁世」という幸せ
  • 第5章 人間蛆虫の幸福論
  • 第6章 人が「天災」といわずに「天罰」というとき
  • 第7章 畏れとおののきと祈りと
  • 第8章 溶解する技術文明
  • 第9章 民主党、この「逆立ちした権力欲」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反・幸福論
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ハン コウフクロン
書名別名 Han kofukuron
シリーズ名 新潮新書 450
出版元 新潮社
刊行年月 2012.1
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610450-3
NCID BB07908410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22040013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想