インテリジェンス

小谷賢 著

ますます過剰化、多様化する情報の渦のなかを国家は、組織は、そして国民はどう生き抜いていけるのか。意思決定者や軍が正しい行動をとるために、情報機関にいま必要とされていることはなんなのか?気鋭の防衛省の研究官が、「インテリジェンス」の歴史から、各国情報機関の組織や課題を詳述。イランクが大量破壊兵器を保持しているという、なんの根拠もない「事実」が信じられるに至るまでの情報の誤った伝達や歪曲、スパイ・ゾルゲの活躍の裏側など、著名な歴史的事件をはじめ、豊富な事例を通して易しくわかる、インテリジェンス入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家にとってのインテリジェンスとは
  • 第2章 インテリジェンスの歴史
  • 第3章 組織としてのインテリジェンス
  • 第4章 インテリジェンスのプロセス
  • 第5章 情報保全とカウンター・インテリジェンス
  • 第6章 秘密工作
  • 第7章 インテリジェンスに対する統制と監視
  • 第8章 国際関係におけるインテリジェンス
  • 第9章 日本のインテリジェンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インテリジェンス
著作者等 小谷 賢
書名ヨミ インテリジェンス : コッカ ソシキ ワ ジョウホウ オ イカニ アツカウベキカ
書名別名 国家・組織は情報をいかに扱うべきか
シリーズ名 ちくま学芸文庫 コ36-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.1
ページ数 305p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09418-6
NCID BB07880548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想