ビルマの独裁者タンシュエ : 知られざる軍事政権の全貌

ベネディクト・ロジャーズ 著 ; 秋元由紀 訳

アウンサンスーチーを約15年間、自宅軟禁した男。1988年9月に発足したビルマ(ミャンマー)の軍事政権において、1992年4月から2011年3月までの18年間、名実ともに最高権力者として君臨したタンシュエ上級大将を取り上げた世界で最初のまとまった伝記。同時に、その重要な背景となる独立後のビルマの政治史をわかりやすく述べた本でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 郵便局員から圧制者へ
  • 第2章 緑と橙色の国
  • 第3章 民主化勢力からの挑戦
  • 第4章 人道に対する罪
  • 第5章 現代の皇帝タンシュエ
  • 第6章 王の都
  • 第7章 僧侶と嵐
  • 第8章 ライバル、後継者、政商、そして将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビルマの独裁者タンシュエ : 知られざる軍事政権の全貌
著作者等 Rogers, Benedict
秋元 由紀
根本 敬
ロジャーズ ベネディクト
書名ヨミ ビルマ ノ ドクサイシャ タン シュエ : シラレザル グンジ セイケン ノ ゼンボウ
書名別名 Than Shwe

Biruma no dokusaisha tan shue
出版元 白水社
刊行年月 2011.12
ページ数 286, 35p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08172-3
NCID BB07873327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想