慢性疼痛 : 「こじれた痛み」の不思議

平木英人 著

その苦痛を、家族から「大袈裟だ」といわれたことはありませんか。整形外科医などの所見以上に苦しくて、いくら周囲に説明してもなかなか分かってもらえない独特の痛み方ではないですか。何度検査しても「異常なし」と診断されたり、毎回異なる病名を告げられたりしていませんか。日本人の七人に一人に疼痛があり、その八割の人は治療効果が上がっていないと推定されます。痛みは我慢するほど膨れ上がります。でも、大丈夫。一緒に「こじれた痛み」を癒しましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「心因性による慢性疼痛」とは何か(痛みは個人的感覚
  • 痛みの感覚は無限大 ほか)
  • 第2章 「得体の知れない痛み」という疾患(人気作家を襲った激痛
  • こんな激痛が心因から起きるはずがない ほか)
  • 第3章 なぜ心療内科医が痛みを診るのか(断腸の思い
  • がっかり盲腸 ほか)
  • 第4章 治療という戦い(厚さ五センチのカルテ
  • 痛みのキャッチ法 ほか)
  • 第5章 「分かってもらえない痛み」への理解(悩みを相談する人の心理
  • 「分かってもらえない」いらだちが痛みを増幅させる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性疼痛 : 「こじれた痛み」の不思議
著作者等 平木 英人
書名ヨミ マンセイ トウツウ : コジレタ イタミ ノ フシギ
シリーズ名 CHIKUMA SHINSHO 940
ちくま新書 940
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06644-2
NCID BB07843530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22059555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想