家族性分業論前哨

立岩真也, 村上潔 著

資本制は近代家族を必要とするとか、性別分業の体制が資本制にとって機能的だと言われる。だがそれは本当なのか?問いは単純だが答を見出すのは容易でなく、未だ実は解が与えられていない主題の、どの方向に限界があり、どこを撃ちどう考えて言葉を足していけばよいのか。介護・介助に関わっての深い思索の中から紡がれた、解に向けての道筋。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族・性・資本-素描(2003/11)
  • 第2章 妻の家事労働に夫はいくら払うか-家族/市場/国家の境界を考察するための準備(1994/03)
  • 第3章 労働の購入者は性差別から利益を得ていない(1994/12)
  • 第4章 "公共"から零れるもの(2005/03)
  • 第5章 近代家族の境界-合意は私達の知っている家族を導かない(1992/10)
  • 第6章 「愛の神話」について-フェミニズムの主張を移調する(1996/02)
  • 第7章 性の「主体」/性の"主体"(1998/10)
  • 第8章 "ジェンダー論"中級問題(2003/01‐07)
  • 戦後日本の性別役割分業と女性/労働をめぐるブックガイド90

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族性分業論前哨
著作者等 村上 潔
立岩 真也
書名ヨミ カゾク セイ ブンギョウロン ゼンショウ
出版元 生活書院
刊行年月 2011.12
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903690-86-5
NCID BB07822643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22028501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想