再処理工場と放射能被ばく

山田清彦 著

安全性無視して進められる危険極まりない再処理工場。使いみちのないプルトニウム。核兵器製造への懸念は?再処理工場の現状、問題点、今後の課題を明らかにする。下北半島を放射能まみれの原子力半島にしないために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球温暖化に原発推進?-「温暖化対策に原発を」のウソを暴く
  • 無意味な再処理工場-核燃料サイクルを考える
  • 不安残る日本原燃の技術-行き場のない技術者集団の「墓場」?
  • 次世代にツケ残す再処理工場-知らずに払っている再処理費用
  • 再処理工場から排出される放射性廃棄物-海を汚染し、空気まで被ばく
  • 六ケ所再処理工場から放出される放射能-対策とらない日本原燃、被ばく認める青森県
  • トラブル続発する再処理工場-不安残る未熟な技術
  • 停止寸前のウラン濃縮工場-遅れている技術的、法的整備
  • 「高いレベル」も低レベル放射性廃棄物-「核のゴミ」で成り立つ青森県
  • 増え続ける高レベル放射性廃棄物-最終処分場に青森はならないのか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再処理工場と放射能被ばく
著作者等 山田 清彦
書名ヨミ サイショリ コウジョウ ト ホウシャノウ ヒバク
書名別名 Saishori kojo to hoshano hibaku
シリーズ名 下北「核」半島危険な賭け 2
出版元 創史社 : 八月書館
刊行年月 2008.6
版表示 第1版第2刷
ページ数 253p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-915970-32-0
NCID BA86435860
BB07820207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21725045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想