トクヴィルの憂鬱 : フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生

髙山裕二 著

「何者でもない」若者たちの苦悩と昂揚。ユゴー、バルザック、そしてトクヴィル…新しい社会を生きる青年が抱えた煩悶と政治に託した希望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「世紀病」をめぐって
  • 1 欲望の解剖-ロマン主義と世代問題(立身出世の夢と青年の苦悩
  • アメリカへの旅、自己への旅
  • 幻滅-無関心と羨望)
  • 2 絶対の探求-神に代わる人間の宗教(「新しい信仰」の噴出
  • 預言者の詩想-「汎神論」の地平へ
  • トクヴィル・パラドックス-多数or宗教)
  • 3 利益と政治-失われた公衆を求めて(中央集権と不確かな名誉
  • ジャーナリズムと「野党」の使命
  • 革命と"自尊")
  • 憂鬱の世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トクヴィルの憂鬱 : フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生
著作者等 高山 裕二
書名ヨミ トクヴィル ノ ユウウツ : フランス ロマン シュギ ト セダイ ノ タンジョウ
書名別名 Tokuviru no yuutsu
出版元 白水社
刊行年月 2012.1
ページ数 329, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08173-0
NCID BB07795802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22037633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想