失われた二〇世紀  上

トニー・ジャット 著 ; 河野真太郎, 生駒久美, 伊澤高志, 近藤康裕, 高橋愛 訳

思想の役割と知識人の責任とは。アーサー・ケストラーからエドワード・サイードまで知識人を通してマルクス主義・ファシズムなどの20世紀的課題を再検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 わたしたちが失った世界
  • 第1部 闇の奥(典型的知識人アーサー・ケストラー
  • プリーモ・レーヴィにかんする基本的事実
  • マネス・シュペルバーのユダヤ的ヨーロッパ
  • ハンナ・アーレントと悪)
  • 第2部 知識人の関与-その政治学(アルベール・カミュ-「フランスで最高の男」
  • 空虚な伽藍-アルチュセールの「マルクス主義」
  • エリック・ホブズボームと共産主義というロマンス
  • さらば古きものよ?-レシェク・コワコフスキとマルクス主義の遺産
  • 「哲人教皇」-ヨハネ・パウロ二世と現代世界
  • エドワード・サイード-根なし草のコスモポリタン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた二〇世紀
著作者等 Judt, Tony
伊澤 高志
河野 真太郎
生駒 久美
近藤 康裕
高橋 愛
ジャット トニー
書名ヨミ ウシナワレタ 20セイキ
書名別名 Reappraisals
巻冊次
出版元 NTT
刊行年月 2011.12
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-4225-1
NCID BB07783097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22030758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想