「大国中国」の崩壊 : マーシャル・ミッションからアジア冷戦へ

松村史紀 著

戦後米国は、「大国中国」をどのように成立させようとして、失敗したのか。米国政府、中国国民政府・共産党、そして旧ソ連の資料に基づいて克明に描き解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「大国中国」の崩壊
  • 第1部 米国のアジア・中国政策(1940年代)(米国の戦後アジア地域秩序構想と中国
  • 米国と「中国の統一」)
  • 第2部 マーシャル・ミッションの展開(戦後中国とソ連
  • マーシャル・ミッションの任務決定過程
  • 「停戦協定」の成立
  • 連合政府構想の展開
  • 東北方針の展開
  • 国共朝廷の終焉過程
  • 「中国喪失」をめぐる論争)
  • マーシャル・ミッションからアジア冷戦へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「大国中国」の崩壊 : マーシャル・ミッションからアジア冷戦へ
著作者等 松村 史紀
書名ヨミ タイコク チュウゴク ノ ホウカイ : マーシャル ミッション カラ アジア レイセン エ
シリーズ名 National Institutes for the Humanities Contemporary Chinese Area Studies 2
現代中国地域研究叢書 2
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.12
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-34892-3
NCID BB07779974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22031230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想