孤立の社会学 : 無縁社会の処方箋

石田光規 著

孤立する人は誰なのか。かつてない程の高まりを見せている連帯への不安。私たちのつながりに何が起きているのかを実証的に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本社会の人間関係(「無縁社会」が見せたもの、見せなかったもの
  • 日本社会における中間集団の変容)
  • 第2部 孤立に潜む諸問題(誰にも頼れない人たち
  • 家族に頼れないのはどのような人たちか
  • なぜ男性が孤立しやすいのか
  • 地方山村の人間関係と孤立)
  • これからの連帯のゆくえ
  • あとがき-やや正直に語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤立の社会学 : 無縁社会の処方箋
著作者等 石田 光規
書名ヨミ コリツ ノ シャカイガク : ムエン シャカイ ノ ショホウセン
書名別名 Koritsu no shakaigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.12
ページ数 200, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65368-3
NCID BB07753041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22021830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想