居住福祉学 = Housing for Life and Well-Being

野口定久, 外山義, 武川正吾 編

人が安全に安心して暮らすために必要な居住環境のありようを追究する居住福祉学の入門テキスト。住居や福祉施設、まちづくりや地域福祉などの居住福祉の基礎について、生活者の視点に立って解説する。居住空間、コミュニティ、公共政策という3つの視点から整理する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代社会における居住福祉の意義-居住福祉学のすすめ
  • 居住福祉学の理論的基礎
  • 第1部 居住空間の視点(健康のための居住福祉
  • 生活空間と居住福祉
  • 生活におけるバリアと居住福祉
  • 居住福祉の人と空間-外山義の仕事の意味)
  • 第2部 コミュニティの視点(コミュニティと居住福祉
  • 居住福祉のための都市環境
  • 中山間地の居住福祉
  • 生活者の視点に立った居住福祉)
  • 第3部 公共政策の視点(自治体政策としての居住福祉
  • 居住福祉のための社会政策
  • 居住福祉学と法-「居住福祉法学」の試み)
  • 居住福祉の課題と展望-危機の克服

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 居住福祉学 = Housing for Life and Well-Being
著作者等 外山 義
武川 正吾
野口 定久
書名ヨミ キョジュウ フクシガク
書名別名 Housing for Life and Well-Being
シリーズ名 YUHIKAKU COMPACT
有斐閣コンパクト
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.12
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-17384-2
NCID BB0775094X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22029179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想