災害時にこそ問われる学級経営力  岩手・三陸編

河村茂雄 編著

悲しみのなか、子どもたちを支えたのは日常と変わらない学校生活。そして友人たちとの関わりだった-学校、学級の再建に向けて取り組んだ岩手県教師たちの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 3.11当日とその後の教育現場/河村茂雄(その時何が起こったのか-震災当時の学校の様子
  • 教師たちによる復旧の取組-物理的環境の確保に向けて)
  • 第2章 学校再開から1学期末まで教育関係者はどう取り組んだのか(生徒指導主事の立場から-1つの校舎で2つの中学校の生徒が生活・活動した中学校の実践
  • 管理職の立場から-被災地域支援の前線基地にある中学校の実践
  • 養護教諭の立場から-専門家と学校現場をつないで効果を上げた養護教諭の実践 ほか)
  • 第3章 危機にこそ大事にしたい学級集団の力/河村茂雄(心理面での総合的援助の必要性
  • グループアプローチの土壌としての学級集団
  • 第2章の先生方の実践から学ぶこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害時にこそ問われる学級経営力
著作者等 河村 茂雄
書名ヨミ サイガイジ ニ コソ トワレル ガッキュウ ケイエイリョク
シリーズ名 〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ 001
巻冊次 岩手・三陸編
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2011.11
ページ数 89p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-657-11301-6
NCID BB07744404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22023189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想