橋川文三セレクション

橋川文三 著 ; 中島岳志 編

橋川文三(一九二二‐八三)は戦中派世代の論客として活躍するとともに、日本政治思想史の専門家として、正統派の学問では忌避されがちな人物やテーマに取り組んできた。今日、日本においてナショナリズムが亢進するなか、近代国家システムからこぼれ落ちたエートスを掬うその独創的な研究は、あらためて注目を集めている。橋川の代表的な論考が一冊で読める現代文庫オリジナル編集のアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史意識
  • 第2章 明治国家とナショナリズム
  • 第3章 超国家主義と全体主義
  • 第4章 保守主義
  • 第5章 三島由紀夫
  • 第6章 回想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋川文三セレクション
著作者等 中島 岳志
橋川 文三
書名ヨミ ハシカワ ブンゾウ セレクション
書名別名 Hashikawa bunzo serekushon
シリーズ名 岩波現代文庫 G257
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.12
ページ数 569, 2p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600257-2
NCID BB07742249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22035816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想