世界史の中のフクシマ : ナガサキから世界へ

陣野俊史 著

3・11以降の世界にヒロシマ・ナガサキの体験はどう反響させるべきか。フクシマはアラブからロンドン、ニューヨークへと連なる民衆たちのうねりとどう響きあうのか。原爆を「神の摂理」とした永井隆の検証をとおしてナガサキを問いかえし、3・11、そしてフクシマがなぜ世界史的な事件なのか、3・11の断絶のあと、われわれに残された希望とは何か。緊急にして渾身の力編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナガサキから(浦上へ
  • 原爆の初の記録
  • 聖別化された人 ほか)
  • 第2章 フクシマへ(第五福竜丸の被爆
  • 六〇年代の大江健三郎
  • 架空の原発と放火事件 ほか)
  • 第3章 言葉なき人の声を代弁する-狐火インタビュー
  • 第4章 尊厳を傷つけられた人々(「ツメナシ団」
  • 「何を待っている?」
  • 暴動か、革命か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界史の中のフクシマ : ナガサキから世界へ
著作者等 陣野 俊史
書名ヨミ セカイシ ノ ナカ ノ フクシマ : ナガサキ カラ セカイ エ
書名別名 Sekaishi no naka no fukushima
シリーズ名 河出ブックス 038
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.12
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62438-9
NCID BB07721839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22024730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想