美術の物語

E.H.ゴンブリッチ [著]

原始の洞窟壁画から現代の実験的な芸術にいたる、美術の全体を論じた入門書。率直で単純な文体と、物語をくっきりと浮かび上がらせる話術で「絶えず変化しながら連綿とつづく伝統のなかで、ひとつひとつの作品が過去を語り、未来を指さす」ような美術史、「伝統という生きた鎖が、ピラミッド時代の美術から現代美術にまで延々とつらなる」物語としての美術史を目に見えるように描きだしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不思議な始まり-先史、未開の人びと、そしてアメリカ大陸の旧文明
  • 永遠を求めて-エジプト、メソポタミア、クレタ
  • 大いなる目覚め-ギリシャ前7世紀‐前5世紀
  • 美の王国-ギリシャとその広がり前4世紀‐後1世紀
  • 世界の征服者たち-ローマ人、仏教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒1世紀‐4世紀
  • 歴史の分かれ道-ローマとビザンティン5世紀‐13世紀
  • 東方を見てみると-イスラム、中国2世紀‐13世紀
  • るつぼの中の西欧美術-ヨーロッパ6世紀‐11世紀
  • 戦う教会-12世紀
  • 栄光の教会-13世紀〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美術の物語
著作者等 Gombrich, E. H.
Gombrich, Ernst Hans
天野 衛
Gombrich E.H.
ゴンブリッチ エルンスト・H.
書名ヨミ ビジュツ ノ モノガタリ
出版元 ファイドン
刊行年月 2011.10
版表示 ポケット版
ページ数 1046p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86441-006-9
NCID BB07718517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22006427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想