日欧米の包括ケア : 医療の質と低医療費の両立

新井光吉 著

現代の医療は急性疾患中心の時代に形成された体制をほとんど改変しないまま、慢性疾患に対しても急性期医療で対応し、大量の社会的入院を作り出し医療費の膨張と医療保障の危機を招いている。本書では、先進諸国が高齢者長期ケア問題への対策として推進する「包括ケア」について、先進4カ国における活動の実態を、歴史的背景、組織と機能、意義や限界などの側面から分析。今後の包括ケアシステム構築について提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 包括ケアと医療の再生
  • 第1章 日本の包括ケア
  • 第2章 アメリカの包括ケア-オンロックを中心とするPACEの活動
  • 第3章 カナダの包括ケア
  • 第4章 スウェーデンの包括ケア
  • 終章 包括ケア活動の意義と限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日欧米の包括ケア : 医療の質と低医療費の両立
著作者等 新井 光吉
書名ヨミ ニチ オウ ベイ ノ ホウカツ ケア : イリョウ ノ シツ ト テイイリョウヒ ノ リョウリツ
書名別名 Nichi o bei no hokatsu kea
シリーズ名 Minerva社会福祉叢書 39
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.12
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06168-6
NCID BB07708499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22023625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想