山川登美子歌集

山川登美子 著 ; 今野寿美 編

与謝野鉄幹に見いだされた山川登美子(1879‐1909)は、鉄幹に寄せる思慕の強さや鳳晶子(与謝野晶子)との交流が作歌の意欲に結びつき、創刊直後の「明星」詩上で活躍した。29歳の若さで早世しながらも、喪ったものへの哀惜を主題となし得た点で抜きんでた女流であった彼女の全作品から、生前未発表の歌をふくめて859首を収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白百合
  • 「明星」掲載歌より
  • 初期歌篇
  • 未発表歌(『詠草』
  • 『おもかげ草紙』
  • 『花のちり塚』
  • 三冊のノートより 他)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山川登美子歌集
著作者等 今野 寿美
山川 登美子
書名ヨミ ヤマカワ トミコ カシュウ
書名別名 Yamakawa tomiko kashu
シリーズ名 岩波文庫 31-188-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.12
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311881-8
NCID BB07702470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22036107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想