ディア・グロリア : 戦争で投函されなかった250通の手紙

木村太郎 著

日米開戦から70年の時を経て、80歳の姉の家から見つかった45冊のノート。それは幼少期を過ごした米国での友人へ向けて書き続けた、手紙仕立ての日記だった。大好きな「敵国」に思いを馳せつつも連日の空襲に苦しむ日々…。戦後は戦争裁判の通訳を務めた姉の人生をジャーナリストの著者が追った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 防空壕にて
  • ラストエンペラーの国で
  • 初めての英語と九九
  • 夢の万博と忍びよる影
  • イエス。
  • 変わってしまった母国
  • 開戦のショック
  • 父の帰国
  • 死に行く男たち
  • 空襲下の放送
  • 最後の手紙
  • 米兵とのデート
  • 戦犯裁判の通訳
  • 素敵な日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディア・グロリア : 戦争で投函されなかった250通の手紙
著作者等 木村 太郎
書名ヨミ ディア グロリア : センソウ デ トウカンサレナカッタ 250ツウ ノ テガミ
書名別名 Dia guroria
出版元 新潮社
刊行年月 2011.11
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-331591-9
NCID BB07700475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22019676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想