大震災後の社会学

遠藤薫 編著

私たちはこの災禍を転機にできるのか?日本型システムの脆さ、地域経済復興の壁、災害ボランティア…新雅史、関谷直也、西田亮介、高原基彰ら気鋭の社会学者が論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 われわれは東日本大震災から立ち直れるのか
  • 第1章 大震災と社会変動のメカニズム
  • 第2章 グローバル世界のなかの東日本大震災-リスクと情報
  • 第3章 東日本大震災にみる日本型システムの脆弱性-復興を転機とするために
  • 第4章 地域経済復興における「セーフティネットと『選択と集中』の輻輳」
  • 第5章 災害ボランティア活動の「成熟」とは何か
  • 第6章 日本の防災システムの陥穽
  • 第7章 震災とメディア
  • 終章 日本の明日-自己快癒力(resilience)をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大震災後の社会学
著作者等 新 雅史
西田 亮介
遠藤 薫
関谷 直也
高原 基彰
書名ヨミ ダイシンサイゴ ノ シャカイガク
書名別名 Daishinsaigo no shakaigaku
シリーズ名 講談社現代新書 2136
出版元 講談社
刊行年月 2011.12
ページ数 326p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288136-4
NCID BB07693212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22031008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想