映画のなかの社会/社会のなかの映画

杉野健太郎 編著

映画がたえず映し出してきた「社会」は、どのように映画に関わろうとするのか。映画が向けた「社会」への深いまなざしと、映画が受けた「社会」からの力。「社会」と映画のあいだに横たわる歴史的関係を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『愚者ありき』のトランスアトランティック「ヴァンプ」-アメリカ映画史初期から古典期への過渡期における性の地政学
  • 第2章 恨みは長し60年-昭和初年の幕末映画をめぐるメロドラマ的想像力
  • 第3章 ポール・ストランドの写真と映画-抽象化とリアリズムをめぐって
  • 第4章 越境へのオープン・ドア-文化貿易の視点から見たアメリカ初期検閲制度
  • 第5章 1950年代のアメリカ中産階級にとっての食肉-スウィフト社製産業映画『カーヴィング・マジック』を読み解く
  • 第6章 「無垢な」観客と「洗練された」観客-初期映倫時代1949‐56年における隠喩的描写法
  • 第7章 アラン・レネを見るゴダール-『ヒロシマ、モナムール』から『映画史』へ
  • 第8章 オリバー・ストーンの『ニクソン』におけるニクソン表象-アメリカ社会の共同幻想とメランコリーの政治学
  • 第9章 アメリカ映画における社会変動とスタイル変容-『素晴らしき哉、人生!』から『クラッシュ』へ
  • 第10章 記憶のなかの国-再統一後のドイツ映画が描く東ドイツ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画のなかの社会/社会のなかの映画
著作者等 杉野 健太郎
加藤 幹郎
書名ヨミ エイガ ノ ナカ ノ シャカイ シャカイ ノ ナカ ノ エイガ
シリーズ名 Cinema Studies / 加藤幹郎 監修
映画学叢書
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.12
ページ数 318, 19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06178-5
NCID BB07665068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22026268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想