環境法 = Environmental Law

阿部泰隆, 淡路剛久 編

環境法全般のスタンダードな体系書・教科書。第4版では、新たに制定された生物多様性基本法、海洋基本法、再生エネ法の説明を加え、地球温暖化対策基本法案についても紹介をした。また、国際環境条約の動向についても新たな進展を踏まえ最新の情報を提供するとともに、この間あらわれた重要な判例を取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境法の生成
  • 第2章 環境法の基礎
  • 第3章 国境を越える環境問題
  • 第4章 環境の保全と環境計画
  • 第5章 環境汚染(公害)の規制および環境保全
  • 第6章 自然環境とアメニティの保全
  • 第7章 地球環境の保全
  • 第8章 自然環境の保全と費用負担
  • 第9章 公害・環境紛争と司法・行政上の解決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境法 = Environmental Law
著作者等 淡路 剛久
阿部 泰隆
書名ヨミ カンキョウホウ
書名別名 Environmental Law
シリーズ名 環境基本法 83
有斐閣ブックス 83
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.12
版表示 第4版.
ページ数 476p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18398-8
NCID BB07661442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22027204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想