日本海軍はなぜ過ったか : 海軍反省会四〇〇時間の証言より

澤地久枝, 半藤一利, 戸高一成 著

戦後三五年を経て密かに始められた「海軍反省会」。部外者に公開されることのなかった会の記録が、録音テープに残されていた。その長さ、四〇〇時間-。そこには、海軍トップエリートたちの実像や、戦争突入への実際の経緯などが生々しく語られていた。勝算もないまま、なぜ日本は、戦争へ突き進んでいったのか?反省会の肉声の証言がもたらす衝撃をめぐって繰り広げられた白熱の議論。NHK放送の鼎談番組を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 海軍反省会、生の声の衝撃
  • 2 海軍という組織
  • 3 海軍はなぜ過ったのか
  • 4 戦争を後押ししたもの
  • 5 海軍反省会が伝えるもの
  • 次世代へ伝えたいこと-私の戦争体験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本海軍はなぜ過ったか : 海軍反省会四〇〇時間の証言より
著作者等 半藤 一利
戸高 一成
沢地 久枝
書名ヨミ ニホン カイグン ワ ナゼ アヤマッタカ : カイグン ハンセイカイ 400 ジカン ノ ショウゲン ヨリ
書名別名 Nihon kaigun wa naze ayamattaka
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.12
ページ数 154p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024289-9
NCID BB07654312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22036149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想