ぼくは見ておこう : ニュースな人たちが教えてくれた生きるヒント25

松原耕二 著

筑紫哲也さん、吉田都さん、坂東玉三郎さん、釜本邦茂さん、フィデル・カストロ氏、スティーブ・ジョブズ氏、クリント・イーストウッド氏、ウォルター・クロンカイト氏、さらには原発を止めるよう命じた裁判長の告白もあれば、九・一一後の熱狂に立ち向かって死んでいったジャーナリストの物語、日米をつなぐ奇跡のような人間のつながりもあります。中には私のごく個人的な体験談も入っていますが、ほとんどは私が直接向き合った人々からこぼれ出た思いや、彼らが明かした人生の物語です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三・一一と九・一一が教えてくれるヒント(有事の言葉-報道の舞台裏・大震災をどう伝えたか
  • 原発を止めろと命じた裁判長-ただひとり原発にノーと言えた理由
  • 九・一一後の核テロの恐怖-元CIA工作員が最も恐れていること
  • ブッシュの言葉、オバマの言葉-演説に隠された信者たちへの暗号とは
  • 帰還兵たちの悲惨-現代の戦争が生み出した新たな悲しみ)
  • 第2章 日米のジャーナリストたちが語るヒント(あるジャーナリストの死-熱狂の中の冷静「なぜアメリカは憎まれるのか」
  • ローキー-真実は小さな声で語られる
  • 多事争論の話-筑紫哲也が向き合った言葉の秘密
  • インタビューの神様-ウォーターゲート事件を暴いた記者の今)
  • 第3章 この時代を生き抜くヒント(二十五年目の登山-御巣鷹の尾根に登り続ける母の思い
  • 裁判長の孤独-死刑か無期懲役か 裁判長が流した涙
  • カッティヴェリア-組織の中で「個」を貫く生き方とは
  • カッティヴェリアに会いに行く-伝説のストライカーが語る一流の条件とは
  • 玉三郎の見た中国-なぜ「中国人はラテン系」なのか
  • 吉田都の世界-キューバで会った革命家の肉声)
  • 第4章 内なる声から聞こえるヒント(内なる声-スティーブ・ジョブズが語る成功の秘訣
  • ハリウッドから遠く離れて-イーストウッド監督が老年に味わう充実
  • 百八通の手紙-映画『硫黄島からの手紙』が起こした奇跡
  • 戦場のスケッチブック)
  • 第5章 『ぼくは見ておこう』からのヒント(夢-小さなサークルから生まれた大きな監督たち
  • 宇宙飛行士になれなかった日-体と心をさんざん覗かれたあげくに
  • ドリンキング・ライフ-酒豪列伝 人はなぜ酒を飲むのか
  • 『ぼくは見ておこう』の話-糸井重里が名づけたタイトルの本当の意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくは見ておこう : ニュースな人たちが教えてくれた生きるヒント25
著作者等 松原 耕二
書名ヨミ ボク ワ ミテオコウ : ニュースナ ヒトタチ ガ オシエテクレタ イキル ヒント 25
出版元 プレジデント社
刊行年月 2011.12
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8334-1988-8
NCID BB0763827X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22015448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想