経済論争の核心はここだ : アダム・スミスに学べ

増田悦佐 著

日本は世界一の市場経済国である。エリート主義経済学に騙されず、真正大衆国家の道を歩もう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融危機の原因を探る-金本位制から借金本位制へ
  • 第2章 インフレ=経済収縮説を斬る-インフレは貧困税、デフレは借金税
  • 第3章 金利と企業利益は高いほうがいいのか?-国民の利害と企業の利害は一致しない
  • 第4章 ケインズ主義は権威主義-エリート経済学のホンネ
  • 第5章 円高の日本とドル安のアメリカ-どちらが健全な経済か?
  • 第6章 独占こそ市場経済の敵だ-独占企業だけは自由放任ではいけない
  • 第7章 格差が経済を衰退させる-格差の元凶は金融業だ
  • 第8章 あらゆる経済政策は失敗する-高成長のカギは無策に徹すること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済論争の核心はここだ : アダム・スミスに学べ
著作者等 増田 悦佐
書名ヨミ ケイザイ ロンソウ ノ カクシン ワ ココ ダ : アダム スミス ニ マナベ
書名別名 Keizai ronso no kakushin wa koko da
出版元 NTT
刊行年月 2011.12
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-2284-0
NCID BB07638101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22023240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想