記憶の歴史学 : 史料に見る戦国

金子拓 著

「歴史」はどのようにして生まれるのか。本能寺の変、細川ガラシャ自害事件など、さまざまな文書、日記などに記された人々の記憶が一つの歴史上の事件として定着してゆくプロセスを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 史料学と記憶
  • 第2章 記憶と史料と歴史のあいだ
  • 第3章 歴史をつくった記憶
  • 第4章 記録と記憶
  • 第5章 覚書と記憶
  • 第6章 文書と記憶
  • 終章 歴史と記憶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶の歴史学 : 史料に見る戦国
著作者等 金子 拓
書名ヨミ キオク ノ レキシガク : シリョウ ニ ミル センゴク
シリーズ名 講談社選書メチエ 519
出版元 講談社
刊行年月 2011.12
ページ数 314p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258522-4
NCID BB07626576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22022279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想