資本論  第1巻 2

カール・マルクス 著 ; 中山元 訳

膨大な文献渉猟に裏付けられた働く人たちへの熱いエール。マルクスが生き生きと描く近代資本主義の息吹。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3篇 絶対的増殖価値の生産(労働過程と価値の増殖過程
  • 不変資本と可変資本
  • 増殖価値率
  • 労働日
  • 増殖価値率と増殖価値量)
  • 第4篇 相対的増殖価値の生産(相対的増殖価値という概念について
  • 協業
  • 分業とマニュファクチュア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本論
著作者等 Marx, Karl
中山 元
マルクス カール
書名ヨミ シホンロン : ケイザイガク ヒハン
書名別名 Das Kapital.4. Aufl

経済学批判
シリーズ名 Nikkei BP classics
巻冊次 第1巻 2
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2012.2
ページ数 508p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8222-4879-6
NCID BB07625733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想