モーツァルトの虚実

海老澤敏 著

天才か、遊び人か、はたまたギャンブラーか。その死は、病死なのか他殺なのか。モーツァルトとは何だったのか。社会史の視点をとり入れて描く、生活者としてのモーツァルト像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生(歴史人類学の中のモーツァルト
  • 母と姉 ふたりのマリーア・アンナ・モーツァルト-その現代像
  • ナポリの休日
  • コンスタンツェは悪妻か良妻か
  • 予約演奏会会員名簿
  • 読書家モーツァルト
  • <ギャンブラー・モーツァルト説>再考)
  • 第2部 死(君もまた私に一滴の涙を
  • モーツァルト死因狂騒曲
  • 葬儀の日の嵐
  • モーツァルトの追悼ミサ
  • <伝 モーツァルト聖遺物>-頭蓋骨、デス・マスク、そして毛髪
  • エピローグ 二つの記念年の後に-二十一世紀のモーツァルト像の行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルトの虚実
著作者等 海老沢 敏
海老澤 敏
書名ヨミ モーツァルト ノ キョジツ : ソノ セイ ト シ
書名別名 Truth and Fiction around Mozart the Man

Truth and Fiction around Mozart the Man : その生と死
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2011.11
ページ数 419, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1308-3
NCID BB07611648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22024286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想