地域福祉の理論と方法 = Theories and methods of community social work : 新カリキュラム対応

川村匡由, 石田路子 編著

[目次]

  • 第1章 地域福祉の基本的な考え方(地域福祉の概念と範囲
  • 地域福祉の理念 ほか)
  • 第2章 地域福祉の主体と対象(地域福祉の主体
  • 地域福祉の対象 ほか)
  • 第3章 地域福祉に係る組織、団体および専門職や地域住民(市町村の福祉政策と地域福祉
  • 地域住民の役割と実際 ほか)
  • 第4章 地域福祉の推進方法(地域福祉の推進-さまざまな取り組み
  • 地域における福祉ニーズの把握-質的ニーズと量的ニーズ ほか)
  • 第5章 地域福祉推進のための課題と展望(現代社会の地域福祉に関する課題
  • これからの地域福祉に求められるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域福祉の理論と方法 = Theories and methods of community social work : 新カリキュラム対応
著作者等 川村 匡由
石田 路子
書名ヨミ チイキ フクシ ノ リロン ト ホウホウ : シン カリキュラム タイオウ
書名別名 Theories and methods of community social work
シリーズ名 現代の社会福祉士養成シリーズ
出版元 久美
刊行年月 2011.11
版表示 第2版.
ページ数 232p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-86189-185-4
NCID BB07609748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22020064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想