20世紀をつくった経済学 : シュンペーター、ハイエク、ケインズ

根井雅弘 著

二十世紀をつくったと言われる経済学者たちは何をどう考えたのか。自由主義とは何か?社会主義とは何か?不況はなぜ起きるのか?経済学者たちが考え、苦闘した思想の痕をたどりながら、二十一世紀を生きる私たちに、資本主義の本質を問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二十世紀のあけぼの-資本主義の本質を求めて(ケインズとシュンペーター
  • シュンペーターが育った世紀末ウィーン ほか)
  • 第2章 社会主義の壮大なる実験-ハイエクの異論(「マル経vs近経」という図式の消滅
  • 社会主義下での経済計算は可能か? ほか)
  • 第3章 資本主義の賢明なる管理を求めて-ケインズの思想と理論(ひときわ著名なケインズ
  • 「自由放任主義」の終焉 ほか)
  • エピローグ-二十世紀と経済学の三巨星(イノベーション需要の好循環
  • 他者との相互交流を)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀をつくった経済学 : シュンペーター、ハイエク、ケインズ
著作者等 根井 雅弘
書名ヨミ 20セイキ オ ツクッタ ケイザイガク : シュンペーター ハイエク ケインズ
シリーズ名 chikuma primer shinsho 172
ちくまプリマー新書 172
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.12
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68873-6
NCID BB07598492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22031542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想