フランクル回想録 : 20世紀を生きて

V.E. フランクル 著 ; 山田邦男 訳

愛する者の死にうちひしがれながらも、生きる意味を求めつづけたフランクル博士の90年。『夜と霧』『それでも人生にイエスと言う』では語られなかった自らの生涯をユーモアに包んで綴った唯一の自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幼年、そして性格(両親
  • 幼少時代 ほか)
  • 2 精神医学への道(精神分析との対決
  • 希望の職業-精神医学 ほか)
  • 3 ナチス時代(「併合」
  • 安楽死への抵抗 ほか)
  • 4 "意味"へのたたかい(ウィーンへの帰還
  • 著作活動について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランクル回想録 : 20世紀を生きて
著作者等 Frankl, Viktor Emil
山田 邦男
Frankl Victor Emil
フランクル ヴィクトール・E.
書名ヨミ フランクル カイソウロク : 20セイキ オ イキテ
書名別名 Was nicht in meinen Büchern steht, Lebenserinnerungen.2. durchges. Aufl

Furankuru kaisoroku
出版元 春秋社
刊行年月 2011.11
版表示 新装版.
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-36519-9
NCID BB0755425X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22026362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想