江戸時代日本(にっぽん)の家 : 人々はどのような家に住んでいたか

大岡敏昭 著

[目次]

  • 1章 武士の家(武士について
  • 江戸時代始めの武士の家
  • 江戸時代中後期の武士の家
  • 武士の家の特質
  • )
  • 2章 公家の家(公家の身分と生活
  • 京都の公家の家)
  • 3章 農民の家(江戸時代前の農民の家
  • 江戸時代始めの農民の家
  • 江戸時代中後期の農民の家
  • 農民の家の特質)
  • 4章 町人の家(町人と町屋
  • 江戸時代前の町屋
  • 江戸時代の裏長屋
  • 町屋の特質 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸時代日本(にっぽん)の家 : 人々はどのような家に住んでいたか
著作者等 大岡 敏昭
書名ヨミ エド ジダイ ニッポン ノ イエ : ヒトビト ワ ドノヨウナ イエ ニ スンデイタカ
書名別名 江戸時代日本の家

Edo jidai nippon no ie
出版元 相模書房
刊行年月 2011.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7824-1105-6
NCID BB07539019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22010096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想