精神分析という語らい

藤山直樹 著

[目次]

  • 第1部 精神分析概念との語らい(エディプスのとば口
  • ナルシシズムと心的な死
  • 「超自我」再考)
  • 第2部 フロイトとの語らい(鼠男の治療記録-フロイトの悲劇
  • フロイトの疚しさ-「終わりある分析と終わりなき分析」にみるフロイトの限界)
  • 第3部 日本の精神分析との語らい(「『自分』と『甘え』」再考
  • 「甘え」理論の対象関係論的含蓄
  • 「見るなの禁止」とは何か)
  • 第4部 精神分析というできごととの語らい(夢みることと精神分析
  • 精神分析の非対称性について-ウィニコットの視点から
  • 「劇的瞬間」と「精神分析的瞬間」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析という語らい
著作者等 藤山 直樹
書名ヨミ セイシン ブンセキ ト イウ カタライ
書名別名 Seishin bunseki to iu katarai
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 2011.11
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7533-1037-1
NCID BB07523223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22029719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想