ライプニッツのデカルト批判  下

イヴォン・ベラヴァル [著] ; 岡部英男, 伊豆藏好美 訳

二人の天才の思想的交錯を精密かつ総合的に分析した、1960年刊行の古典的研究、邦訳完結。下巻には第三部「世界観」をなす「第六章 自然学の基礎」と「第七章 自然学の諸原理」を収録。現代ライプニッツ研究の第一人者ミシェル・フィシャンによるベラヴァルへのオマージュ「読むことの師匠」と、谷川多佳子氏および訳者による充実の「解説」も併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 世界観(自然学の基礎
  • 自然学の諸原理)
  • 結論
  • 日本語版の読者へ 読むことの師匠
  • 解説(ベラヴァルのライプニッツと十七世紀-あるいは、ライプニッツのデカルトと十七世紀
  • ライプニッツのコギト批判
  • デカルトからライプニッツへ-直観、真理、自然)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライプニッツのデカルト批判
著作者等 Belaval, Yvon
伊豆藏 好美
岡部 英男
ベラヴァル イヴォン
書名ヨミ ライプニッツ ノ デカルト ヒハン
書名別名 LEIBNIZ CRITIQUE DE DESCARTES

Raipunittsu no dekaruto hihan
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1035
巻冊次
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.12
ページ数 p385~640,125~173 21p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01035-4
NCID BB07514594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22743595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想