逃げる公家、媚びる公家 : 戦国時代の貧しい貴族たち

渡邊大門 著

命が大事か、家か、それとも金のためか?天皇を京都に残して、地方へ脱出。朝廷の仕事もサボタージュ。乱世を生き抜く非武装の男たち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 公家と武家の時代
  • 第1章 厳しい公家の生活
  • 第2章 地方に下る公家たち
  • 第3章 勤めを果たさない公家たち
  • 第4章 戦国大名と公家との婚姻関係
  • 第5章 天下人との狭間で
  • 終章 公家たちのその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逃げる公家、媚びる公家 : 戦国時代の貧しい貴族たち
著作者等 渡邊 大門
書名ヨミ ニゲル クゲ コビル クゲ : センゴク ジダイ ノ マズシイ キゾクタチ
書名別名 Nigeru kuge kobiru kuge
出版元 柏書房
刊行年月 2011.11
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-4072-5
NCID BB07504717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22016729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想