3.11以後

茂木健一郎, 竹内薫 著

変わりゆく世界のなかで、「3・11以後」の日本はいま、どこへ向かおうとしているのか。哲学的思索はよみがえるのか、古典的情緒は継承されるのか、ヒューマニズムは変質していくのか。たえず「人間」という難問に戻り、「人間」の価値へと帰着せんとする、スリリングなディアローグ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 震災・原発と非科学(ツイッターと二分化思考
  • 再生可能エネルギーをめぐって
  • 核をめぐる思考を問い直す)
  • 2 閉塞を打ち壊すもの(メタ認知と情報リテラシー、そしてパーソナル・ハピネス
  • 自由とリスク、そして合理性
  • 科学ジャーナリズム、そして現場感覚)
  • 3 変化する世界に向かって(フロー理論、そして「板子一枚下は地獄」ということ
  • ナイーブの罪、そしてイノベーション)
  • Last Session 科学、哲学、そして情緒(インターネットの罠
  • 「哲学的に思考すること」は、もはや困難なのか
  • 失われた情緒を求めて、そして、ヒューマニズムとは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3.11以後
著作者等 竹内 薫
茂木 健一郎
書名ヨミ 3 11 イゴ
シリーズ名 CHUKO SENSHO 001
中公選書 001
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.11
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-110001-6
NCID BB07501173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22058516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想