西行と清盛 : 時代を拓いた二人

五味文彦 著

1118年生まれの二人の男。片や二十三歳で出家し、中世を代表する歌僧となって往生し、片や十代から出世街道をひた走り、武者の世の栄華を極めたすえに滅亡した。文と武、聖と俗-いかにも対照的な彼らは十二世紀の日本をいかに生き、新たな時代の文化と政治をどう拓こうとしたのか?中世史研究の泰斗、渾身の書き下ろし七〇〇枚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武士の歩む道
  • 第2章 遁世の営み-二十代の旅立ち
  • 第3章 奥州と厳島
  • 第4章 高野参籠-三十代の決断
  • 第5章 世の中の大事
  • 第6章 アナタコナタ-充実の四十代
  • 第7章 讃岐の聖と福原の入道
  • 第8章 接近する二人-五十代の挑戦
  • 第9章 勧進とクーデター
  • 第10章 武者のおこり-六十代の別れ
  • 第11章 願はくは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西行と清盛 : 時代を拓いた二人
著作者等 五味 文彦
書名ヨミ サイギョウ ト キヨモリ : ジダイ オ ヒライタ 2リ
シリーズ名 Shincho Sensho
新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2011.11
ページ数 378p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603692-7
NCID BB07493009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22022003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想