スパイス、爆薬、医薬品

ペニー・ルクーター, ジェイ・バーレサン 著 ; 小林力 訳

身近な物質の化学的な働きが、東西交易、産業革命、公衆衛生、戦争と平和、男女の役割、法律、環境など、人類の発展のさまざまな局面で果たした重要な役割を、豊富なエピソードを交えて分かりやすく解説。文明の発達を理解するための独創的なアプローチにして、化学構造式の読み方も身につくユニークな世界史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 胡椒、ナツメグ、クローブ-大航海時代を開いた分子
  • アスコルビン酸-オーストラリアがポルトガル語にならなかったわけ
  • グルコース-アメリカ奴隷制を生んだ甘い味
  • セルロース-産業革命を起こした綿繊維
  • ニトロ化合物-国を破壊し山を動かす爆薬
  • シルクとナイロン-無上の交易品とその合成代用品
  • フェノール-医療現場の革命とプラスチックの時代
  • イソプレン-社会を根底から変えた奇妙な物質
  • 染料-近代化学工業を生んだ華やかな分子
  • 医学の革命-アスピリン、サルファ剤、ペニシリン
  • 避妊薬(ピル)-女性の社会進出を後押しした錠剤
  • 魔術の分子-幻想と悲劇を生んだ天然毒
  • モルヒネ、ニコチン、カフェイン-アヘン戦争と三つの快楽分子
  • オレイン酸-黄金の液体は西欧文明の神話的日常品
  • 塩-社会の仕組みを形作った人類の必須サプリメント
  • 有機塩素化合物-便利と快適を求めた代償
  • マラリアvs.人類-キニーネ、DDT、変異ヘモグロビン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スパイス、爆薬、医薬品
著作者等 Burreson, Jay
Le Couteur, Penny
小林 力
Le Couteur Penny Cameron
バーレサン ジェイ
ルクーター ペニー・キャメロン
書名ヨミ スパイス バクヤク イヤクヒン : セカイシ オ カエタ 17 ノ カガク ブッシツ
書名別名 Napoleon's bottons

世界史を変えた17の化学物質
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.11
ページ数 368p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004307-9
NCID BB07471607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22059636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想