図書館の電子化と無料原則

津野海太郎 著

[目次]

  • 1 保存と利用という二つの軸
  • 2 図書館の利用と無料原則(図書館利用の核心は無料原則にあり
  • 有料の国もあれば無料の国もある
  • 押しつけられた原則をえらびなおす ほか)
  • 3 有料化の声
  • 4 図書館の電子化(電子図書館も無料でなくてはならない
  • 世界大の図書館を開放する)
  • 5 無料原則を新しいものとして鍛えなおす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館の電子化と無料原則
著作者等 津野 海太郎
書名ヨミ トショカン ノ デンシカ ト ムリョウ ゲンソク : トクテイ ヒエイリ カツドウ ホウジン キョウドウ ホゾン トショカン タマ ダイ4カイ ソウカイ 2011 5 29 ヨリ
書名別名 特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩第4回総会(2011・5・29)より
シリーズ名 多摩デポブックレット 6
出版元 共同保存図書館・多摩 : けやき出版
刊行年月 2011.10
ページ数 28, 17p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87751-457-0
NCID BB07470422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21995149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想