乙女の美術史  世界編

堀江宏樹, 滝乃みわこ 著

古代から現代まで世界中の「美」は乙女のために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代・中世(夫婦の仲は永遠に-エジプト『ネフェルティティ胸像』
  • 本当はコワい「テルマエ・ロマエ」-ローマの大理石彫刻
  • ツボや皿に同性愛アートが!?-ギリシャの陶芸 ほか)
  • 第2章 近世(超ナルシストな元・美少年-ダ・ヴィンチ
  • 筋肉大好きのだめんず・うぉ〜か〜-ミケランジェロ
  • 空虚さを美に変えた「おひとりさま男」-ボッティチェリ ほか)
  • 第3章 近現代(『裸のマハ』はスペイン宮廷一の女傑?-ゴヤ
  • 慰みモノになっても、めげない「乙女の誇り」-ドガ
  • 「男」のコンプレックスが生んだ「オネエ芸」-ロートレック ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乙女の美術史
著作者等 堀江 宏樹
滝乃 みわこ
書名ヨミ オトメ ノ ビジュツシ
巻冊次 世界編
出版元 実業之日本社
刊行年月 2011.11
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-408-41160-6
NCID BB07455983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22020223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想