こども東北学

山内明美 著

「東北」って、いったいなんだ!?-もしかするとそれは、架空の場所?そして幻想の呼び名?3.11以降、あたりまえに語られるこの名称の起源と、「まん中」との関係の歴史を、じいちゃん、ばあちゃんの声なき声を交えてやさしく説き起こしながら、「原発」大国日本が切り捨ててきた事実をみつめる。まったく新しいスタイルで語られる、宮城出身の俊英による異色の日本近代史と、私たちのゆくえ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 東北学ってなんだ?
  • 第1章 自分がここにあるということ
  • 第2章 こども百姓
  • 第3章 田舎と都会
  • 第4章 コメ男の話
  • 第5章 将来の「東北」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こども東北学
著作者等 100% Orange
及川 賢治
山内 明美
書名ヨミ コドモ トウホクガク
シリーズ名 よりみちパン!セ P020
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2011.11
ページ数 152p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-9020-9
NCID BB07440691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22017537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想