『善の研究』の百年 : 世界へ/世界から

藤田正勝 編

明治44年に刊行された『善の研究』は、日本哲学が自立した歩みを始めたことを示す記念碑的な著作であり、その後の日本の哲学に多大な影響を与えた。『善の研究』刊行百年にあたって、国内外の研究者を結集して、『善の研究』が現代においてもつ意義、役割について徹底して論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『善の研究』をめぐる研究の百年とその将来
  • 第1部 『善の研究』はどういう書物か(『善の研究』という書物-著者・西田幾多郎の位相
  • 純粋経験と意味 ほか)
  • 第2部 『善の研究』と自由・悪・神の問題(『善の研究』と後期西田哲学-自由と悪の問題をめぐって
  • 西田幾多郎の倫理思想-絶対者の呼声をめぐって ほか)
  • 第3部 西田哲学との対話(身体と種-西田哲学と田辺哲学
  • 京都学派の宗教哲学の一考察-西田哲学と田辺哲学の「逆対応」をめぐって ほか)
  • 第4部 シンポジウム『善の研究』はどのような意味をもったか、どのような意味をもつか(『善の研究』と西田哲学における失われた場所
  • 哲学と神秘の間-海外より見た西田哲学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『善の研究』の百年 : 世界へ/世界から
著作者等 藤田 正勝
書名ヨミ ゼン ノ ケンキュウ ノ 100ネン : セカイ エ セカイ カラ
書名別名 Zen no kenkyu no 100nen
シリーズ名 善の研究
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2011.11
ページ数 406p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-576-0
NCID BB07438430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想