福島第一原発事故・検証と提言 : ヒューマン・エラーの視点から

村田厚生 著

福島第一原発事故は起こるべくして起こった。-限界のない原子力事故とどう向かい合うべきか、安心社会構築のために何をなすべきか、ヒューマン・エラーの科学の視点から福島原発事故・それ以前の原発事故事例を検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 福島第一原発事故-福島第一原発で何が起こったか
  • 第2章 事故の特性-ヒューマン・エラーの科学が教えるもの(事故の背後要因
  • 事故の予測不可能性 ほか)
  • 第3章 これまでの原発事故・トラブルの事例(スリーマイル島原発事故(1979年3月)
  • チェルノブイリ原発事故(1986年4月) ほか)
  • 第4章 福島第一原発事故の背後要因(福島第一原発事故の背後要因-機械の要因
  • 福島第一原発事故の背後要因-マネジメントの要因)
  • 第5章 福島第一原発事故からの教訓-限界のない原発事故とどう向き合うか(政府・自治体・政治のなすべきこと
  • 事業者のなすべきこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島第一原発事故・検証と提言 : ヒューマン・エラーの視点から
著作者等 村田 厚生
書名ヨミ フクシマ ダイ1 ゲンパツ ジコ ケンショウ ト テイゲン : ヒューマン エラー ノ シテン カラ
書名別名 Fukushima dai1 genpatsu jiko kensho to teigen
出版元 新曜社
刊行年月 2011.11
ページ数 130p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7885-1260-3
NCID BB07432536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22010633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想