子どもの双極性障害 : DSM-5への展望

傳田健三 著

日本の現状に即した子どもの双極性障害ハンドブック。DSM‐5ドラフトの翻訳と著者による解説付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子どもの双極性障害とはどのような病気なのか(子どもの双極性障害の概念と歴史
  • 子どもの双極性障害の疫学
  • 成人の双極性障害の診断基準
  • 子どもの双極性障害の臨床的特徴
  • 子どもの双極性障害の診断基準)
  • 第2部 症例呈示
  • 第3部 治療(子どもの双極性障害の治療)
  • 第4部 子どもの双極性障害の本態は何か(子どもの双極性障害の生物学的病態研究
  • 子どもの双極性障害は大人へ移行していくのか)
  • 第5部 DSM‐5への展望(DSM‐5のドラフト
  • 子どもの双極性障害にどのように対応していくか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの双極性障害 : DSM-5への展望
著作者等 傳田 健三
書名ヨミ コドモ ノ ソウキョクセイ ショウガイ : DSM 5 エノ テンボウ
書名別名 Kodomo no sokyokusei shogai
出版元 金剛
刊行年月 2011.11
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1220-9
NCID BB07402783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22014675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想