藩政改革と地域社会 : 秋田藩の「寛政」と「天保」

金森正也 著

秋田藩中期藩政改革期の政策と民衆動向の分析を通して、従来の「個別分散化批判」の克服をめざし、地域史研究の新たな可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宝暦‐天明期の秋田藩
  • 1 改革政治の展開と地域社会(農民支配体制の再編
  • 地方知行政と郡方支配
  • 殖産論の展開と地域社会
  • 農民的殖産論の展開と藩政)
  • 2 改革派官僚の形成と天保期の政治改革(学館制度と改革派官僚の形成
  • 学問受容の制度的環境と改革派官僚
  • 天保期の民衆闘争と藩権力
  • 飢饉状況の克服と藩政)
  • 藩政改革と地域社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藩政改革と地域社会 : 秋田藩の「寛政」と「天保」
著作者等 金森 正也
書名ヨミ ハンセイ カイカク ト チイキ シャカイ : アキタハン ノ 「 カンセイ 」 ト 「 テンポウ 」
出版元 清文堂
刊行年月 2011.11
ページ数 446p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-0951-7
NCID BB0739195X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22075371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想