杉山登志郎著作集  2 (軽度発達障害への道)

杉山登志郎 著

文部科学省から正式に否定された「軽度発達障害」概念の誕生に至る軌跡と、その後の発達障害臨床を支えた全11論文を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 軽度発達障害の周辺(兄弟姉妹との関わり
  • 学習障害とはどのような障害か
  • LDとADHDに共通の諸問題-鑑別診断
  • 注意欠陥多動性障害と非行
  • 乳幼児健診と早期教育
  • アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害をもつ子どもへの支援)
  • 第2部 軽度発達障害概念の創出(軽度発達障害
  • 高機能広汎性発達障害に見られるさまざまな精神医学的問題に関する臨床的研究
  • 発達障害臨床の育児支援-あいち小児センター心療科での取り組み
  • Asperger症候群の周辺
  • 成人期のアスペルガー症候群)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杉山登志郎著作集
著作者等 杉山 登志郎
書名ヨミ スギヤマ トシロウ チョサクシュウ
巻冊次 2 (軽度発達障害への道)
出版元 日本評論社
刊行年月 2011.11
ページ数 293p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-98364-9
NCID BB07387103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想