池田屋事件の研究

中村武生 著

禁門の変、長州征討、戊辰戦争に至る長州と会津の全面戦争はこうして幕を開けた。幕末史の空白を埋める決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古高俊太郎の「発見」(実証性のない古高伝
  • 古高書翰の謎 ほか)
  • 第2章 池田屋事件への政治過程(一代限りの相続
  • 不穏な政治情勢 ほか)
  • 第3章 池田屋事件起こる(古高に近づく長州関係者
  • 松山忠助は長州の間者か ほか)
  • 第4章 戦闘終息後(茶屋で捕縛・殺害された毛利家家臣
  • 山口に届いた池田屋情報 ほか)
  • 第5章 池田屋事件から禁門の変へ(墓銘碑に記された池田屋での戦死者
  • 河上彦斎の「建碑」活動 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 池田屋事件の研究
著作者等 中村 武生
書名ヨミ イケダヤ ジケン ノ ケンキュウ
書名別名 Ikedaya jiken no kenkyu
シリーズ名 講談社現代新書 2131
出版元 講談社
刊行年月 2011.10
ページ数 414p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288131-9
NCID BB07365665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22021421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想