物語論

木村俊介 著

物語が紡がれていく過程。17人の創作者が語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「道のないところに、何とか道を造っていくしかありません」(村上春樹/小説家)
  • 「自前の情報で、仕事をしています」(橋本治/小説家)
  • 「小説家の役割は、世界観を問い続けることでしょう」(島田雅彦/小説家)
  • 「ずっと、後悔について書いてきました」(重松清/小説家)
  • 「人は不完全だから、物語を摂取して人生をやり直したいんです」(桜庭一樹/小説家)
  • 「映画にしなきゃ、というのはやめようと思いました」(是枝裕和/映画監督)
  • 「芸術は、理解されたらおしまいです」(杉本博司/現代美術家)
  • 「音楽は、経験を内面で熟させてできるものです」(諏訪内晶子/ヴァイオリニスト)
  • 「俺なんて…という音楽を聴きたい人はいません」(根岸孝旨/音楽プロデューサー)
  • 「とにかく、時間をかけます」(中村勇吾/ウェブデザイナー)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語論
著作者等 木村 俊介
書名ヨミ モノガタリロン
書名別名 Monogatariron
シリーズ名 講談社現代新書 2129
出版元 講談社
刊行年月 2011.11
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288129-6
NCID BB07365392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22023526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想