変動する日本社会と法 : 加藤一郎先生追悼論文集

森島昭夫, 塩野宏 編

[目次]

  • 第1部 国家像の変貌と法
  • 第2部 科学技術と法
  • 第3部 情報と法
  • 第4部 不法行為法
  • 第5部 環境と法
  • 第6部 生命・医療・薬事と法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変動する日本社会と法 : 加藤一郎先生追悼論文集
著作者等 塩野 宏
森島 昭夫
書名ヨミ ヘンドウスル ニホン シャカイ ト ホウ : カトウ イチロウ センセイ ツイトウ ロンブンシュウ
書名別名 Hendosuru nihon shakai to ho
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.11
ページ数 835p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-12549-0
NCID BB07348327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22014838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「子連れ里帰り」の行方 早川眞一郎
「持続可能な開発」と環境法 小田博
アメリカにおける製造物責任訴訟と連邦法による専占 樋口範雄
サーベイランス社会とプライバシー 山田卓生
リスクと民事責任における因果関係 新美育文
不法行為法 不法行為法における「権利保障」と「加害行為の抑止」 淡路剛久
人格権論の展開 加藤雅信
伊方の定式の射程 交告尚史
公害・環境分野での民事差止訴訟と団体訴訟 大塚直
共同不法行為論・競合的不法行為論の再検討 前田陽一
化学物質の環境リスク管理の方向 中杉修身
医療事故被害者救済制度の可能性 手嶋豊
四一六条の類推適用の現代的意味 松浦以津子
国家像の変貌と法 アンドレイ・マルモアの社会慣行論 長谷部恭男
土壌汚染対策法における土地所有者の責任 松村弓彦
地理空間情報に係る個人情報保護 宇賀克也
情報と法 放送受信料考 塩野 宏
民法における「ともだち」 大村敦志
水俣病被害者の救済 柳憲一郎
環境と法 環境影響評価制度の機能と課題 浅野直人
生命・医療・薬事と法 遺体の法的地位 水野紀子
科学技術と法 環境リスク管理の法的あり方 高橋滋
科学技術における不確実性と法の対応 森島 昭夫
精神医療と犯罪 町野朔
臓器移植法 丸山英二
行政法システムにおける市場経済システムの位置づけに関する緒論 山本隆司
過失相殺における「被害者側」理論再考 樫見由美子
違憲審査・法解釈における立法者意思の探求方法 阿部泰隆
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想