危機の二十年 : 1919-1939

E.H.カー 著 ; 井上茂 訳

変革の思想としてのユートピアニズム。ユートピアニズムの偽善を暴くリアリズム。戦間期二十年の国際政治に展開した理想主義と現実主義の相克と確執に分析のメスを入れ、時代と学問の力動的関係を活写し、真の政治的姿態をあらわにしてみせる、二十世紀国際政治学の記念碑。戦争と平和と国際問題を考えるための必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国際政治学(学問の出発
  • ユートピアとリアリティ)
  • 第2部 国際的危機(ユートピア的背景
  • 利益の調和
  • リアリストからの批判)
  • 第3部 政治、権力、そして道義(政治の本質
  • 国際政治における権力
  • 国際政治における道義)
  • 第4部 法と変革(法の基盤
  • 条約の拘束性
  • 国際紛争の司法的解決
  • 平和的変革)
  • 結論(新しい国際秩序への展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機の二十年 : 1919-1939
著作者等 Carr, Edward Hallett
井上 茂
原 彬久
Carr E.H.
カー E.H.
書名ヨミ キキ ノ ニジュウネン
書名別名 The twenty years' crisis 1919-1939. 2nd ed
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.1
ページ数 435p
大きさ 15cm
ISBN 4003402219
NCID BB07341995
BN13709661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96042918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想